良い日♪カニ玉♪
 
<< 西園寺♪山形県酒田市にちょっくら行ってきますた♪の巻♪(・∀・)           その6 ふらふら散歩市内編1 | main | 西園寺♪山形県酒田市にちょっくら行ってきますた♪の巻♪(・∀・)           その8 ふらふら散歩市内編2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2008.08.15 Friday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
西園寺♪山形県酒田市にちょっくら行ってきますた♪の巻♪(・∀・)           その7 ふらふら散歩市内編2
あい♪どーも♪西園寺です♪(・∀・)

更新遅れてまくり・・・・汁


勝手に気を取り直して♪ネタ投下♪(・∀・)ウヒ


いよいよ酒田ネタも終盤に入ってきますた♪
今回は酒田市内のお寺散策ネタをば投下♪

今回は旅のお供に親類の車をば借りてお散歩♪
軽なので小回りが利いてもってこいの車♪




そして、西園寺には扱いやすいMT車なのでつ♪


まずは市内をうろうろしながら、泉流寺へ♪


泉流寺




泉流寺

奥州平泉の藤原氏没落の際、秀衡の妹「徳の前」という女性が、
36騎の従臣たちを従えて酒田に落ちのびた。
「徳の前」が尼となり「泉流庵」を建てたのが寺の始まりと
いわれる。36人の遺臣たちは、地侍として住み着き、回船問屋
を営んで、36人衆を組織し、酒田の発展に努めた。




こじんまりとしながらも本堂の龍の彫り物はすごく立派で生きて
いるようにみえまふ♪









落ち着いた感じでとっても良い雰囲気♪(・∀・)


つぎに徒歩で向かったのは、浄福寺♪

本間家三代光丘が、寛政12年に(1800年)に寄進した。
京都の東本願寺大谷宗祖廟を模し京都や近江の大工を呼び寄せ
て、莫大な金をかけてつくらせたもので、入母屋唐破風造りの
瓦葺きです。柱の下部が曲がっているのが特長で、建築的には
四脚向唐門と呼び、桃山後期から流行した様式です。
唐門は、耐震構造に重点を置き、たび重なる地震にも耐え、また
火災の多い町ですが、まわりの環境の良さに守られて、本堂との
調和の中にその壮厳美をいまだに保っていまふ♪


唐門







その酒田の本間様は、日本一の大地主としてその名を知られ、田畑
2,000町歩を超え、庄内藩や上杉藩をはじめ、東北の諸藩に大名
貸しをしていました。

  「本間様には及びもせぬが、
         せめてなりたや殿様に」

という俗謡が有名なのです♪



本堂




なかなか立派なお寺♪私財でここまでやるとはすごい
ですねん♪半端なお金持ちではないことがわかりまふ♪


趣もゆたりとした感じで良いお寺です♪(・∀・)


以外と酒田市内の町中には一杯お寺が一杯あるのですね♪
ちょっとした小京都みたいです♪




泉流寺

酒田市中央西町1の30


浄福寺
山形県酒田市中央西町 
【2007.05.28 Monday 21:54】 author : 西園寺
| 小諸国漫遊(その2) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2008.08.15 Friday 21:54】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









アクセストレードレビュー
この記事のトラックバックURL
http://maedatosiie.jugem.cc/trackback/364
トラックバック




Button #1_dvdb1 アクセストレード アクセストレード アクセストレード アクセストレード アクセストレード アクセストレード アクセストレード PEANUTS JAM(ピーナッツ・ジャム)234x60
1周年謝恩キャンペーン アクセストレードレビュー