良い日♪カニ玉♪
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2008.08.15 Friday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
西園寺♪ちょっくら冬の京都に行ってきますた♪6段目@ 清水順正 編             (・∀・)
あい♪どーも♪西園寺です♪(・∀・)


半年遅れ、冬の京都ネタ♪ 第6段目♪
今回は湯豆腐で有名な順正清水店さんのネタ♪
をば投下♪







順正といえば♪

南禅寺順正が有名ですが、清水寺の近くにも支店
があり、せっかくなので湯豆腐をば食してきますた♪(・∀・)

順正清水店は三年坂から清水寺への道筋に由緒ある建物
からの眺望もひとつの魅力です。京情緒が色濃く残る界
わいに静かなたたずまいであり、 清水順正、京都大学
本館などの設計で有名な、明治・大正時代の建築家・武
田五一による松風邸跡建物を利用した、趣深い館とのこと♪





中に入ってみると昔の洋館と言った雰囲気で新旧が入り混じ
った。独特な感じがしました。ちょっと昭和初期の雰囲気にも
感じました。一言でいうとハイカラ♪(・∀・)






そんな雰囲気の中で今回、所望したのはゆどうふ定食2100円♪
内容は、ゆどうふ、野菜天ぷら、田楽、煮物、胡麻どうふ、香の物
御飯♪といったもの♪





いかにもお酒が欲しくなるメニューですね♪(*´Д`*)ハァハァ

早速♪冷酒をば注文して、おいしく頂きますた♪





湯豆腐の方はなめらかな舌触りで♪











(゚Д゚ )ウマー!!











満足♪満足♪でお腹いっぱい♪頂きますた♪( ノ∀`)タハー







清水寺周辺に行った際は良かったら食してみてくださいまし♪



清水順正

住  所  京都府京都市東山区清水寺門前清水2丁目

営業時間  10:30〜17:00

定休日   不定休

TEL    075-541-7111



京都のきものといえば
【2007.09.02 Sunday 19:46】 author : 西園寺
| 京都ネタ&京都うまいもの♪(その2) | comments(0) | trackbacks(0) |
西園寺♪ちょっくら冬の京都に行ってきますた♪5段目@ 清水寺 編             (・∀・)
あい♪どーも♪西園寺です♪(・∀・)


半年遅れ、冬の京都ネタ♪ 第5段目♪
清水寺のネタをば投下♪




清水寺といえば♪

宝亀9年(778年)、大和国子島寺(奈良県高市郡高取町に現存)
の僧・延鎮上人が、夢のお告げで霊泉を訪ねてたどりついたのが、
今、清水寺の建つ音羽山であった。そこにはこの山に篭って数百年
も修行を続けているという行叡居士(ぎょうえいこじ)という修行
者(観音の化身ともいう)がいた。
行叡は「自分はこれから東国へ旅立つので、後を頼む」と言い残し、
去っていった。延鎮は、行叡居士が残していった霊木に観音像を刻み
草庵に安置した。これが清水寺のはじまりという。



その2年後の宝亀11年(780年)、鹿を捕えようとして音羽山に入り込
んだ坂上田村麻呂(758‐811)は、修行中の延鎮に出会った。田村麻呂
は妻の高子の病気平癒のため、薬になる鹿の生き血を求めてこの山に来
たのであるが、延鎮より殺生の罪を説かれ、観音に帰依して観音像を祀
るために自邸を本堂として寄進したという。後に征夷大将軍となった田
村麻呂は、観音の加護の賜物か、無事東国の蝦夷を平定し、都に帰るこ
とができた。延暦17年(798年)、延鎮と田村麻呂は協力して本堂を大規
模に改築し、観音像の脇侍として地蔵菩薩と毘沙門天の像を造り、ともに
祀った。



延暦24年(805年)に坂上田村麻呂が寺地を賜り、弘仁元年(810年)、
嵯峨天皇の勅許を得て公認の寺院となった。










京都観光では外せない観光スポットであり、有名なお寺ですねん♪
行ったことがない人は日本の小、中、高の学校に通っていた人で
あればほとんどいないのではないでせうか♪




有名なだけに清水坂にあるおみやげ屋さんやらお店屋付近には
観光客でごった返してますた。( ̄▽ ̄;

人気のすごさが伺えます♪




それでも、観光シーズンよりは人は少なめだと思うので♪
ゆったりと周れたと思います。


また、観光シーズンには春・夜と秋・夜の特別拝観があり

平成19年11月15日(木)〜12月9日(日)

午後6時30分〜午後9時30分(受付終了)

「月の庭・成就院庭園」も特別公開
平成19年11月17日(土)〜12月9日(日)
午後6時30分〜午後9時(受付終了)

拝観料/大人600円 小・中学生300円


平成20年3月14日(金)〜3月23日(日)

平成20年3月29日(土)〜4月10日(木)

午後6時30分〜午後9時30分 (受付終了)

拝観料/大人400円 小・中学生200円


ちなみに西園寺は過去に両方の時期に行った事がありますが
とても優雅な時間を過ごせました。

かなり多くの人が来ますのでじっくり観るような感じではない
ですがでもすごく綺麗ですた♪


京都観光の定番の1つ清水寺♪良かったら、行ってみてください
まし♪(・∀・)







住  所 京都府京都市東山区清水1-294

開門時間  6:00〜18:00

お休み:  無休

アクセス  JR「京都駅」中央口から100、206系統のバス約15分
      「五条坂」または「清水道」下車〜徒歩10分

料金: 高校生以上300円、小中学生200円



【2007.08.26 Sunday 21:44】 author : 西園寺
| 京都ネタ&京都うまいもの♪(その2) | comments(0) | trackbacks(0) |
西園寺♪ちょっくら冬の京都に行ってきますた♪4段目@ 天龍寺 編             (・∀・)
あい♪どーも♪西園寺です♪(・∀・)


半年遅れ、冬の京都ネタ♪ 第4段目♪
2日目は、嵯峨嵐山に続き天龍寺♪





天龍寺といえば♪

足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うため、大覚寺統
(後醍醐天皇の系統)の離宮であった亀山殿を寺に
改めたのが天龍寺で開山は夢窓疎石。室町時代には
京都五山第一位となった臨済宗天龍寺派の大本山で
ある。このあたりは離宮の跡地であり、有名な天龍
寺庭園は夢窓疎石の作庭で、わが国初の史跡特別名
勝に指定された。曹源池を中心とした亀山と嵐山を
望む借景式庭園で、優美な大和絵風の州浜と宋元画
を思わせる池奥の景色とが融合している。境内には、
大方丈、書院(小方丈)、庫裏、法堂、僧堂など端正
な禅寺様式の建物が並び、多宝殿は後醍醐天皇の学
問所跡で、吉野朝の紫宸殿をしのぶ建築様式になって
いる。平成6年12月には世界文化遺産登録された。

庫裡




言わずと知れた嵯峨嵐山の散策には欠かせない観光
の名所ですねん♪



冬の天龍寺は春の桜のシーズンや秋の紅葉の時みたい
な混雑なく、静かにゆっくりと散策が出来ますた♪
(・∀・)








冬の天龍寺も、なかなか良いです♪














色々な事を考えながら庭園を散歩しました♪
この時期しかこんな歩き方は出来なかったと思います。



良かったら、行ってみてくださいまし♪(・∀・)








天龍寺

住 所   京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68


アクセス  JR山陰本線「嵯峨嵐山駅」下車徒歩12分
      京福電鉄嵐山線「嵐山駅」下車すぐ

拝観時間  8:30〜17:30(10/21〜3/20は〜17:00)

定休日 なし


【2007.08.19 Sunday 20:20】 author : 西園寺
| 京都ネタ&京都うまいもの♪(その2) | comments(0) | trackbacks(0) |
西園寺♪ちょっくら冬の京都に行ってきますた♪3段目@ 嵯峨嵐山 編(・∀・)
あい♪どーも♪西園寺です♪(・∀・)


半年遅れ、冬の京都ネタ♪ 第3段目♪
2日目の朝は、嵯峨嵐山♪

四条大宮から京福電気鉄道の嵐山本線に乗り
嵯峨嵐山へ♪

地元の人には京福電気鉄道のことを嵐電と呼んで
いるそうです♪


嵐電



嵯峨嵐山の駅




嵯峨嵐山といえば♪渡月橋で♪1272年亀山
天皇が御幸橋(法輪寺橋)に月の渡るのを
見て、渡月橋と名付けられたそうです。


渡月橋♪



冬の嵐山の風景♪なかなか♪良いです♪(・∀・)
季節柄、シーズンではないので人もまばら♪
静かに風景をば堪能できますた♪






ここにしかない素晴らしい景色ですねん♪(・∀・)




やはり、人のいない時期や時間を狙ってじっくり風景を満喫できるように
来た方がじっくり楽しめます♪

【2007.08.13 Monday 23:56】 author : 西園寺
| 京都ネタ&京都うまいもの♪(その2) | comments(0) | trackbacks(0) |
西園寺♪ちょっくら冬の京都に行ってきますた♪2段目@三条寺町                                          三嶋亭 編(・∀・)
あい♪どーも♪西園寺です♪(・∀・)


半年遅れ、冬の京都ネタ♪ 第2段目♪
1日目の観光が終わり、うまいものでも♪喰らうかのぅ♪
ということで寺町三条にある三嶋亭へ♪


三嶋亭♪



三嶋亭

初代三嶌兼吉は、その妻“てい”と共に長崎で牛鍋を学び、明治
六年京に戻り、現在の地、寺町三条で「三嶋亭」を創業いたしま
した。それ以来、130余年その味を守り続け、明治、大正、昭和
平成、現在に至り、五代目となります。
今も創業当時と変わらぬ佇まいで産地にこだわらず、厳しい目で
選びぬかれた牛肉を独自の方法で熟成させ、三嶋亭こだわりの焼
き方でお召し上がりいただいております。

そんなお店♪ヽ(´ー`)ノ

折角なので、すき焼で特選コースをば所望♪

最高級の黒毛和牛を、三嶋亭独自の調理方法と秘伝の割下で
で頂き♪京都のおいしい水で育まれた、京野菜が彩りを添えてあ
るのでつ♪(*´Д`*)ハァハァ

こういう所ではやはり個室で♪別途で個室料金、2000円かかり
ますがうまいものをじっくり、堪能するには個室で頂くのが一番だと
西園寺は思うのでつ♪


個室風景♪







窓には風情のあるお庭♪ そういう所でうまいもの♪とうまい酒♪
を頂くのは最高に贅沢♪



席に着き、ビールで一杯やりながら待つと、仲居さんがうまそうな
お肉をもって来て、早速♪ 焼いてくれますた♪


お肉♪(*´Д`*)ハァハァ





じゅわわわわ〜♪



と肉の焼ける音がたまりません♪(*´Д`*)ハァハァ






更に、焼ける匂いがまた♪すごくおいしそうで♪早く食べたい気持ちに♪
待ちきれなくなりまふ♪


肉が良い感じになって、西園寺の小鉢に盛られ、食べてみると♪









ヽ(°▽、°)ノエヘヘヘヘ












(゚Д゚ )ウマー!!








なんと表現したら良いか分からない程、うまい♪


実にうまいのである♪


それ以上のことを書くのは野暮ってもんでつ♪
こんなうまいすき焼♪正直、西園寺は食べたことがありません♪
これがまた♪京都の地酒と良く合うでつ♪





また、中盤、野菜を割下の入った鍋に投入し、煮込み♪
味の染みた所で食してみると♪

これまた♪






(゚Д゚ )ウマー!!






値段はそれなりにしますが、お肉の質、割下の手間、野菜のしこみ
それぞれの手間、暇かけて作られていることは食べていて感じ、
そのことを考えたら逆に値段はお手ごろ価格ではないのでは♪と
西園寺は思いました♪


気軽に頻繁に行けるお店ではないけど、何か自分にご褒美とか記念日
などに行きたいお店♪



最後にがっつりと漬物でご飯を平らげ、果物を頂いて満足♪満足♪
でお店を後にしますた♪(・∀・)







お店から出てお店の人が挨拶して見送ってくれるのですが、西園寺の
姿が見えなくなるまで頭を下げて見送ってくれるお店の「おもてなし
の心」がすごく感動しました。

なかなかあそこまで出来るものではありません。

西園寺、ちょっと社会勉強になりますた♪(・∀・)



そして、良い気分で旅の1日目は終わりますた♪


老舗の味と決め細やかなサービスの三嶋亭♪良かったら行ってみて
くださいまし♪(・∀・)



三嶋亭 本店

住所 京都府京都市中京区寺町通三条下ル桜之町405

営業時間 11:30〜22:00(L.O.21:00)

定休日 水休(祝の場合営業、振替休日あり)

電話 075-221-0003  




平成19年 2月のときのネタです♪(・∀・)
【2007.08.05 Sunday 17:16】 author : 西園寺
| 京都ネタ&京都うまいもの♪(その2) | comments(0) | trackbacks(0) |
西園寺♪ちょっくら冬の京都に行ってきますた♪1段目@北野天満宮編          (・∀・)
あい♪どーも♪西園寺です♪(・∀・)

もう早いもので夏ですねん♪

いつか冬の京都ネタ投下しよう♪・・しよう♪と思って
いたらすでに半年が・・・汁 ( ̄▽ ̄;)

ここらでいいかげん投下しないといつまでも投下できな
いような気がしたので季節はずれですが今回から投下♪

京都に行ってきたのは今年の2月上旬♪
その頃のネタなので新鮮なネタではないですが、
どうか見てやってくださいまし♪(・∀・)

冬の朝、まずは景気づけに新幹線の中で腹ごしらえ♪
西園寺のお気に入りの駅弁は21世紀出陣弁当♪(・∀・)

21世紀出陣弁当♪




とっても♪





(゚Д゚ )ウマー!!





お品書きには

  〜お品書き〜

一、ぶりの照り焼き
一、バイ貝の旨煮
一、こんにゃくの味噌田楽
一、しそ薩摩揚げ
一、鶏唐揚げ
一、香り卵
一、野菜の炊き合わせ(里芋、椎茸、蓮、ごぼう、人参、ひたし豆)
一、栗甘露煮
一、昆布巻き
一、小女子の佃煮
一、おにぎり(ひじきニヶ、ゆかり一ヶ)
一、漬物







1000円なのにこれだけ♪ボリューム♪(*´Д`*)ハァハァ
ビールで一杯やりながら♪満足♪満足♪


満足した気分で京都駅に着き、まずは北野天満宮に行って
きますた♪


北野天満宮♪




北野天満宮♪

菅原道真公をお祀りした神社の宗祀であり、国を鎮め守る神として
平安時代中期多治比文子らによって北野の右近馬場に菅原道真公の
御霊をお祀りしたのが始まりとされています。菅公は「和魂漢才」
の精神を以って学問に勤しまれ、幼少の頃より文才を表し、朝廷の
官吏として活躍されました。永延元年(987)一条天皇の令により初
めて勅祭が執り行われ「北野天満宮天神」の神号を得ました。
寛弘元年(1004)の一条天皇の行幸を初めてとし、代々皇室の御崇敬
を受け、江戸時代には寺子屋の精神的中心として菅公の御分霊がお祀
りされるなど、「天神様」として親しまれ、以来学問の神様としての
信仰は現在に至るまで受け継がれています。



また、社殿は昔から、朝廷及び将軍家がその造営修繕に当たられました。
国宝の指定を受ける現在の本殿は慶長十二年(1607)、豊臣秀頼公
が造営されたもので、この時作られた中門、東門、絵馬堂、神楽殿、校倉
等も現存しています。
また、この社殿造営は、父秀吉公の遺志であったと伝えられます。
古来、神社祭祀は庭上で行われて来ましたので、壮大な殿内で祭典を執行
し得る当宮現社殿の出現は神社建築史上画期的なものであったと言えます。
八棟造と称され、総面積約五百坪の雄大な桧皮葺屋根を戴くその威容は、
造営当時そのままに絢爛豪華な桃山文化を今に伝えています。


社殿



実際、西園寺が見た感じはすごく壮大で威厳がある神社でまた、厳かな
雰囲気を感じました♪

すこしでも、菅原道真公の知性にあやかりたかったので
「あたまが良くなりますように♪」熱心にお願いしてきますた♪
冬の時期は梅が有名なので狙ったつもりだったのですがまだこの時期は
2分咲きとだったのが残念でしたが咲いていた梅が綺麗ですた♪

梅♪



そんなこんなで半年遅れの冬の京都ネタ♪投下開始です♪








北野天満宮

住所: 〒602-8386 京都府京都市上京区馬喰町

開門時間: 夏期5:00〜18:00、冬期5:30〜17:30
料 金 : 拝観無料


JR「京都駅」から50・101系統のバス「北野天満宮前」下車すぐ
【2007.07.22 Sunday 19:18】 author : 西園寺
| 京都ネタ&京都うまいもの♪(その2) | comments(0) | trackbacks(0) |
西園寺♪ちょっくら京都に行ってきますた♪14段目♪@三十三間堂編♪          (・∀・)
あい♪どーも♪西園寺です♪(・∀・)


京都ネタもいよいよ14段目、本日でラストでありまふ♪
今月は京都ネタを中心で投下させてもらいますた♪

そして、その締めは三十三間堂ネタで行きたいと思います♪

建仁寺からチャリンコで坂を下るように♪スイスイ〜♪と進み
路地から広い通りを出て、豊国神社の前を通り更に進んでいくと
七条通りに出て、すぐ三十三間堂に出ました。


三十三間堂♪



三十三間堂

本堂内陣の柱間が33あることから三十三間堂と呼ばれる。1164年
(長寛2)、後白河法皇が平清盛に命じて創建したが、大火に遭い
焼失。現存の本堂(国宝)は1266年(文永3)に再建されたもの。
堂内には二十八部衆立像(国宝)、風神雷神像(国宝)などに守ら
れて、顔立ちの異なる1001体もの千手観音像(重要文化財)がズラ
リと並ぶ。中心の本尊・千手観音坐像(国宝)は、運慶の長男湛慶
[たんけい]作。

三十三間堂の見どころは、長大な堂内をびっしりと埋め尽くすように
して立つ、千手観音像で左右に10段50列で500体ずつ千手観音立像が整
然と並んでいる様は圧巻です。この1001体の観音像、正しくは「十一面
千手千眼観世音菩薩」といい、頭上には11のお顔をつけ、両脇には40本
の手を持ち、1本の手が25種類の世界で救いの働きをし、40を25倍して
「千手」を表しています。千一体の観音像は、仰いだ角度のままひとりで
に一つのこらず拝めるように安置されており、その中には、会いたいと
願う人の顔が必ずあると伝えられています。



ちゃりんこを駐車場の脇に置くところがありますのでそこに駐輪♪











中にはいると圧倒的な長さの本堂にびつくり。。。(;´Д`)
中学の時の修学旅行以来、1?年ぶりに来ますた♪



大人になってからはお寺とかじっくり見るようになりました。



早速、境内を色々散策しながらデジカメで激写してきますた♪

そして、堂内に入り千手観音像の姿・・・すごい・・

びっしりと観音様が並んでいるのです。一体、一体がおだやかな表情
でした。堂内は何か独特な雰囲気と言うか神聖な感じがしますた。
中央付近で西園寺は蝋燭を寄進して火をつけて蝋立てに置いて拝みま
すた。












一通り、散策して時計を見ると午後2時50分・・・


(゜∀。)ワヒャヒャヒャヒャヒャヒャ

「新幹線の時間が・・・やばい・・・(滝汗)」


ちなみに新幹線の時間は午後3時36分発です。約50分弱しかない
ということで急いで、境内を出て、ちゃりんこに乗って出ようとしたら
虹が出ていますた♪(・∀・)


雨がふったり、やんだりの繰り返し天気だったので虹が出た模様
虹を見たのもかなり久しぶり♪思わず♪激写♪



虹♪



少々、近道を駆使してちゃりんこをやや飛ばして、京都駅近くにある。
京都サイクリングツアープロジェクト(KCTP)さん京都駅店へちゃり
んこを返却してきますた。

このときの時刻はまだ、3時10分♪

10分くらいであれば駅の構内でおみやげ屋さんで物色できる時間があ
りそうなので、おみやげ屋さんに立ち寄り、お弁当を買いホームに向かい
出発時間の5分前には新幹線のホームにもどることができますた♪


そして、時間通りに新幹線に乗り関東への戻りの帰路につきますた。

今回は2日間の日程でなんともあわただしい行程で体力勝負で色々
見ますたが、帰ってきて疲れが出てしまいしばらく寝込んでますた(ワラ
やっぱり、もう若くないみたいです。。。

次回からは、1日の行程を2,3箇所だけにしぼって1箇所、1箇所を
じっくり&マターリ見れるようにしたいと思いまふ♪
それにしても、どたばたな旅でしたがなかなか楽しかったです。
それに、今回は京都の人が温かく、道案内やら相席になったとき
気さくに会話して頂いたりとちょっとした地元の人とのふれあい
があったことが何より旅での良い思い出となりますた♪
西園寺にやさしく接して頂いた京都の皆様ありがとう
ございますた♪ <(_ _)>

これで西園寺、京都珍道中は本日でおしまいです♪
長々とネタ投下してすいません。。汁

そんなこんなの京都でしたがよかったら行ってみてくださいまし♪(・∀・)



次回からはまた、いつも通り関東でのネタ投下です♪(ぉ



H17年12月3日撮影


蓮華王院(三十三間堂)(レンゲオウイン(サンジュウサンゲンドウ))

営業時間   8時〜16時30分(11月16日〜3月31日は9時〜15時30分)
料 金   拝観600円
交 通   JR京都駅→市バス206系統で5分、バス停:博物館三十三間堂前下車、
      徒歩すぐ。または京阪電気鉄道七条駅→徒歩5分
駐車場   あり
所在地   京都府京都市東山区三十三間堂廻町
問合せ先   【電話】075-561-0467

【2005.12.27 Tuesday 13:11】 author : 西園寺
| 京都ネタ&京都うまいもの♪(その2) | comments(6) | trackbacks(0) |
西園寺♪ちょっくら京都に行ってきますた♪13段目♪@建仁寺編♪          (・∀・)
あい♪どーも♪西園寺です♪(・∀・)


京都ネタもいよいよ終盤を向かえはじめますた♪
本日で13段目、建仁寺ネタ♪生暖かい目で最後まで
見てやってくださいまし♪


昨日のネタである祇園 味留さんでランチをばしてから
八つ橋で有名な聖護院八つ橋総本店さんで相方のおみやげ
を購入するためにちゃりんこでキコキコ♪
途中、日が出ているのに雨が降り始め。。。1日目と同様
に雨に濡れまくりながら激走しますた。(;´Д`)ノ アゥゥ・・


聖護院八つ橋総本店



お店に着く頃はずぶ濡れで寒い・・汁

お店で購入したものはカーネルというお菓子でつ♪
八つ橋をスティック状にしたお菓子でつ。このネタはまた
後日、別の日に投下したいと思いまふ♪(・∀・)


雨が20分程でやみ、なんとか行動できる状態になったので
次なる目的地♪建仁寺へ向かいますた♪

チャリンコを40分程キコキコしてやっと到着♪途中、人が多いと
ころがあってなかなか進めない所もありましたが。。

*****************************

建仁寺

建仁寺 (けんにんじ)は、京都市東山区にある臨済宗建仁寺派
大本山の寺院。建仁2年(1202年)、鎌倉幕府2代将軍源頼家の
援助を得て、京都における臨済宗の拠点として建立されたのが
建仁寺である。伽藍は宋の百丈山に擬して造営された。
創建当時の建仁寺は天台、真言、禅の3宗並立であった。
これは当時の京都では真言、天台の既存宗派の勢力が強大だった
ことが背景にある。創建から半世紀以上経た正元元年(1259年)
には宋僧の蘭渓道隆(らんけいどうりゅう、鎌倉建長寺の開山)
が11世住職として入寺し、この頃から純粋禅の寺院となる。

******************************

本坊






こちらは 室町時代の建物で、もと広島の安国寺にあり、安国寺恵瓊
が慶長4年(1599年)に建仁寺に移築したもので禅宗方丈建築で白砂
と緑苔と石を配した「大雄苑」と称される枯山水の前庭が有名です♪

西園寺も早速、本坊から入り方丈にある前庭を見にいきますた♪








もの凄い優雅な感じの前庭♪おだやかな波に小島が浮かんでるような
白砂が綺麗で苔の緑と良い感じな味わいがありますた♪

しばらく、(・∀・)ニヤニヤしながら眺めますた♪
庭園はずっと見ていても飽きないですねん♪そのまま1時間ほど眺め
てますた♪ その他に、色々まわり安国寺恵瓊の首塚もお参りして
(武将マニアにははずせない部分・・毛利家の外交担当 僧)
まったりとしながら周りますた♪お庭に落ちていた落ち葉が凄く綺麗
だったので記念に何枚かパンフレットにはさんできますた♪
あとで自宅で余韻を浸るときに(*´д`*)ハァハァするためにwww


実用例、ええ旅やったのぅ〜 (落ち葉を見ながら萌え)



その他の写真もどうぞ♪ヽ(´ー`)ノ



















時計を見たら、2時ちかくだったので最後に周る予定である三十三間堂
へ、そそくさに向かいますた♪





いやはや、禅寺いいですね♪西園寺好きですね♪こういう建物と庭園♪
質素というか飾らない感じのものが(・∀・)
日本の文化の良い部分であるような気がします♪


ぜひ、よかったら行ってみてくださいまし♪



建仁寺(ケンニンジ)

営業時間   10〜16時
料 金   拝観500円
交 通   京阪電気鉄道四条駅→徒歩10分。
     またはJR京都駅→市バス206系統で11分、
     バス停:東山安井下車、徒歩5分
駐車場   あり
所在地   京都府京都市東山区大和大路通四条下ル4丁目小松町584
問合せ先   【電話】075-561-6363


【2005.12.22 Thursday 11:09】 author : 西園寺
| 京都ネタ&京都うまいもの♪(その2) | comments(1) | trackbacks(0) |
西園寺♪ちょっくら京都に行ってきますた♪12段目♪@京割烹 祇園「味留」編♪            (・∀・)
あい♪どーも♪西園寺です♪(・∀・)


本日、京都ネタ12段目♪ 祇園 味留さんネタです♪ 

本能寺を後にして、ちゃりんこでキコキコ♪木屋町に流れる
高瀬川の流れを見ながら駐輪所へチャリンコを置いて
四条大橋を渡って祇園の方へ向かいますた。


高瀬川



鴨 川


テクテク歩くと右側に南座がみえますた♪



大和大路通へ入りしばらく行くとそこに今回のお目当て
のお店があります♪

京割烹 祇園「味留」さん♪ヽ(´ー`)ノ





「味留」はハモ料理の名店「高台寺 馳走 高月」の姉妹店で
開店から8年、本店「高月」からの厳格な指導に応え、かつ店
の独自性を創り出していて新鮮な野菜をふんだんに使った料理
や京漬物で作った握りなどなかなか面白いお店です♪

昼は3800円と5000円の季宿膳(にぎり寿司付き)、「おばんざい
コース」(2500円、にぎりは付かない)があります♪

祇園あたりでの京料理が食べられるお店としてはリーズナブルな
部類に入ると思います♪

お店の前の玄関は高級感があってなかなか入りづらい部分が
ありますが、店の中においしいものがあると思えばずんずん
いきませう♪(*´д`*)ハァハァ

玄関に入ると仲居さんが来て席まで通してくれますた。

席につき、カウンターでメニューの説明を受けて今回は
3800円のコースで注文しますた。

厨房ではテキパキとコワモテな職人さんが仕事をこなしてます。
ちょっと雰囲気にのまれそう・・・汁

そんなこんなで程よく、先付がきますた♪



紅葉をイメージした酢物でしたが見た目だけですごく綺麗
でまた、ちょこんと栗がおいてあるとこがまたいい感じです♪

次に野菜とお造り♪






野菜は生であっさりと和風のドレッシングでたっぷり頂き、
お造りの方は梅肉ソースみたいな物で頂きますた♪
これが良い酸味でまた、お造りの身もしまっていていやはや♪
んまい♪ヽ(´ー`)ノ

鍋物は山芋をふんわり仕立て、あんかけっぽい感じになっていて
ハフハフとしながら口に入れるとふわ〜っと溶けていくような
感じ♪これもすごくあったまります♪




そして、いよいよメインの握り♪







新鮮なネタに京野菜や京漬物をアクセントにトッピングした
握りが登場♪見た目も鮮やかながら、良い匂いもします♪
茄子,みょうが,蕪 ,壬生菜など,京ならではの野菜寿司♪
しばらく、眺めてから頂くことにしますた♪
そして、口に入れてみるとぷりっとした身の食感に野菜の
シャキシャキした食感♪今まで食べたことのない握りです♪
また、ネタごとにどの野菜が合うかかなり吟味されている感じ
がします。





特に京漬物の握りは食べてみるともう、1つの握りで京料理の
表現というか京を表現するような印象がありました。

これは( ゚Д゚)ウマー!!

最後に、デザートはみかんでした♪甘くてほど良い酸味で
いい締めになりますた♪


3800円のランチはちょっと贅沢ですが、おいしい京割烹
が食べたいときはこちらで頂いたほうが値段も味も良いような
感じがします。

こちらのお店では料理を目で楽しみ、器を眺め、そして最後に
舌で味わうといった1つ、1つの料理が作品として堪能できる
お店なので全体的な値段としてはリーズナブルな感じがします。

ここは、人にすすめられるお店です♪通いたいお店♪

よかったら行ってみてくださいまし♪(・∀・)



次回は建仁寺です♪



京割烹 祇園「味留」

味留情報HP♪


■所在地 京都市東山区四条縄手上ル一筋目西入ル
■電話 075−551−2128
  京阪本線四条駅から徒歩6分
■営業時間 昼 11::30AM〜3:00PM
       (ラストオーダー2:00PM)
      夜 5:00PM〜11:00PM
       (ラストオーダー10:30PM)
■定休日 月曜日
■お料理 【昼】

【夜】 「おばんざいコース」 2,500円
割烹 3,800円、5,000円
割烹 4,000円、6,000円、8,000円
■その他 お席 27名(カウンター15名、テーブル12名)
【2005.12.21 Wednesday 10:52】 author : 西園寺
| 京都ネタ&京都うまいもの♪(その2) | comments(0) | trackbacks(0) |
西園寺♪ちょっくら京都に行ってきますた♪11段目♪@本能寺編♪          (・∀・)
あい♪どーも♪西園寺です♪(・∀・)


京都ネタ本日で11段目♪そろそろ見ている方も
まだ続くのかいよ・・汁
ということになりそうですが、もうしばらくおつきあ
いくださいまし♪( ̄ー ̄)

三条にあるイノダコーヒーから、錦市場に向かいちょっと
おみやげをば購入して、本能寺へ向かいますた♪
錦市場近くの駐輪場から本能寺へ向かうときに駐輪場の
人から近道をば教えてもらいますた♪その道でスイスイ〜♪

おかげですぐに着いてしまいますた♪ヽ(´ー`)ノ



本能寺♪





本能寺

創建は応永22年(1451)、日隆が油小路に建立。その後、上京へ
明智光秀の謀反により織田信長が自決した、本能寺の変は有名。
当時は四条西洞院に30余坊を構える大寺院だった。天正15
(1542)年、秀吉により現在地に移された。創建は応永22
(1415)年。日降上人を開基とする法華宗の寺。本堂は再建
ながら、室町時代の特徴をよく表してる。
境内には信長の供養塔もある。



その当時とは場所が移っていますが、墓所はそのままの姿を今に
残しています。そして、信長所持の太刀が納められているそう
です♪宝物殿には信長の遺品も展示されているので、色々と
戦国時代の品々を見てその時代の文化に触れることができます♪



本堂♪



ここは西園寺にとって自分のことを考える場所♪
色々模索する場所なのです♪

そして、信長公廟でお墓参りすることで自分を奮いたたせるため♪
自分の目標やしたい事の再認識するためでつ♪


信長公廟




かつて、織田信長公は破竹のいきおいで今川氏や斎藤氏との戦いに
勝利し、足利義昭を擁しての上洛を果たす。その後、義昭により
武田氏、朝倉氏、延暦寺、石山本願寺などから成る反信長包囲網が
結成されるもこれを破り、以後は天下布武を進め、楽市楽座、検地
などの政策などをしますた。

西園寺もさまざな問題をうまく立ち回り自分の目標や信念を貫いて
いく人になりたいとそんな人になりたいとその作戦タイムな場所で
でもあるのです♪

西園寺の座右の銘は

人間五十年。下天の内をくらぶれば

夢幻のごとくなり。

一度生を得て滅せぬ者のあるべきか


**********************************************
人間の一生はあっと間に生きている時間を過ぎていく
本当にはかないことだ。
生まれてきて死なない者なんているのだろうか?
**********************************************

前にもこのブログ書きましたがこの一節、は織田信長公が好んで
歌っていた「敦盛」の一節で西園寺はすごく惹かれるというか
共感というとかなり恐れ多いのですが・・・汁 ( ; ゚Д゚)
なんというか生きてる間にどれだけやりたいことでき
るかな?とかものすごく時間について考えさせられる
ものがありました♪


そんなことを考えながら、境内で過ごし信長公の公廟で
手をあわせますた。

今回の旅の目的の1つがここでまた完了しますた♪ヽ(´ー`)ノ

いつかは西園寺も人生の昇り旗あげたいものです。


夢まぼろしには・・したくないなぁ〜(ぉ・・・(;´Д`)

本日はそんな感じで、この次は祇園の味留さんネタです♪




本能寺
住所 京都市中京区寺町通御池下る下本能寺前町522-1
●電話番号 075-231-5335
●アクセス 市バス「河原町三条」下車すぐ
地下鉄東西線「京都市役所」下車すぐ

●拝観時間 6:00〜17:00(宝物館のみ10:00〜16:00)
●定休日 なし
●おすすめ おまもり800円、絵ハガキ300円
宝物図録2,000円、その他念珠、香炉など数点

【2005.12.20 Tuesday 13:42】 author : 西園寺
| 京都ネタ&京都うまいもの♪(その2) | comments(2) | trackbacks(2) |
アクセストレードレビュー




Button #1_dvdb1 アクセストレード アクセストレード アクセストレード アクセストレード アクセストレード アクセストレード アクセストレード PEANUTS JAM(ピーナッツ・ジャム)234x60
1周年謝恩キャンペーン アクセストレードレビュー